Blog

大麻消費ラウンジライセンス

2020年1月21日 国の上院は、消費、生産、収穫、包装、流通、マリファナ文化のその他の側面を規制する法案を公表しました。メキシコでは 法律の草案は、大麻の規制と適切なライセンスの付与を担当する政府機関であるメキシコ大麻研究所を設立します。 2019年11月5日 法案では、大麻関連企業における外国人の所有権や垂直統合化、およびライセンスの再販を制限する規則を提案して 個人の自由意志と健康への権利を尊重し、国は、大麻消費に関連するリスク、特に18〜25歳の若年層に関する科学的  2019年8月1日 世界最大級の大麻市場であるカリフォルニア州ロサンゼルス市で大麻小売商ライセンスが、どれほど注目を集めているかを示す、分かりやすい数字が発表されました。昨年7月の時点で、大麻販売の仮ライセンスを取得している店舗は、まだ  2019年12月23日 シカゴ市のロリ・ライトフット市長による新しい条例案は、市のシガーラウンジ、シーシャ(水たばこ)バーを大麻クラブに変える と企業が大麻ビジネスに参加できるようになり、シカゴの住民は、安全な場所で大麻を消費できることになるでしょう。 2018年5月28日 支援を得て、誰が大麻草を生産できるか、どのような. 条件下で、どれだけの量を誰が消費できるのかを決. 定する。一方では、嗜好用の規制制度は大麻草を植え. 付け、栽培、収穫、加工、商品化しようとする個々人. にライセンスを発行し、複数  カナダ全土でこの新しい法律が施行されるものの、マリファナ(大麻)の生産・流通・販売に関するライセンス、使用場所、自宅での栽培に関するルールなどは、各州に委ねられてい しかしこの90%以上がブラックマーケット(闇取引)での消費と見られています。 2018年7月27日 これまで違法と認知され、バイアスに縛られてきたマリファナが法で認めら、消費されるという歴史的出来事の影には、社会に 数カ月後の2014年7月、ワシントン州がレクリエーション用の大麻販売のライセンスを供与し始めました。2014年には カリフォルニア州では大麻ラウンジや大麻バーが主要都市でオープンしています。

2018年12月21日 この店は、州で初めて公共空間で大麻が使える場所としてライセンスを取得した、言わば「大麻ラウンジ」のような店だ。 「ようこそ。 州が依頼した調査によると、州内の大麻消費の約9%は、こうした旅行者によるものと推計されている。全米に 

2019年8月1日 世界最大級の大麻市場であるカリフォルニア州ロサンゼルス市で大麻小売商ライセンスが、どれほど注目を集めているかを示す、分かりやすい数字が発表されました。昨年7月の時点で、大麻販売の仮ライセンスを取得している店舗は、まだ  2019年12月23日 シカゴ市のロリ・ライトフット市長による新しい条例案は、市のシガーラウンジ、シーシャ(水たばこ)バーを大麻クラブに変える と企業が大麻ビジネスに参加できるようになり、シカゴの住民は、安全な場所で大麻を消費できることになるでしょう。 2018年5月28日 支援を得て、誰が大麻草を生産できるか、どのような. 条件下で、どれだけの量を誰が消費できるのかを決. 定する。一方では、嗜好用の規制制度は大麻草を植え. 付け、栽培、収穫、加工、商品化しようとする個々人. にライセンスを発行し、複数  カナダ全土でこの新しい法律が施行されるものの、マリファナ(大麻)の生産・流通・販売に関するライセンス、使用場所、自宅での栽培に関するルールなどは、各州に委ねられてい しかしこの90%以上がブラックマーケット(闇取引)での消費と見られています。 2018年7月27日 これまで違法と認知され、バイアスに縛られてきたマリファナが法で認めら、消費されるという歴史的出来事の影には、社会に 数カ月後の2014年7月、ワシントン州がレクリエーション用の大麻販売のライセンスを供与し始めました。2014年には カリフォルニア州では大麻ラウンジや大麻バーが主要都市でオープンしています。 キャノピーの成長が欲しい 可能な限り多くのオンタリオライセンスニューファンドランド、マニトバ州、サスカチュワン州にはすでにいくつか存在しています。 その一方 オンタリオ州は許可する 大麻ラウンジ 自宅にいないときに人々が消費できるのはどこですか?

キャノピーの成長が欲しい 可能な限り多くのオンタリオライセンスニューファンドランド、マニトバ州、サスカチュワン州にはすでにいくつか存在しています。 その一方 オンタリオ州は許可する 大麻ラウンジ 自宅にいないときに人々が消費できるのはどこですか?

2019年5月21日 大麻は公の場で消費することはできませんが、2019年3月に認可小売店での大麻消費を許可する法律が調印されました。 調剤薬局 ー 州が配布できる小売業者の許可するライセンス数に制限はありません。 月の法律では、消費者が大麻製品を社会的に楽しむことができる大麻カフェやラウンジの運営が許可されています。 2018年12月21日 この店は、州で初めて公共空間で大麻が使える場所としてライセンスを取得した、言わば「大麻ラウンジ」のような店だ。 「ようこそ。 州が依頼した調査によると、州内の大麻消費の約9%は、こうした旅行者によるものと推計されている。全米に  2016年4月29日 アラスカは、人々がマリファナを吸ったり使用することが出来るラウンジを初めて公式に認可した州ですが、このほどそうしたマリファナ 嗜好用マリファナ販売店は別途1,000ドルのオンサイト用消費ライセンスを申請しなければなりません。 2020年1月21日 国の上院は、消費、生産、収穫、包装、流通、マリファナ文化のその他の側面を規制する法案を公表しました。メキシコでは 法律の草案は、大麻の規制と適切なライセンスの付与を担当する政府機関であるメキシコ大麻研究所を設立します。 2019年11月5日 法案では、大麻関連企業における外国人の所有権や垂直統合化、およびライセンスの再販を制限する規則を提案して 個人の自由意志と健康への権利を尊重し、国は、大麻消費に関連するリスク、特に18〜25歳の若年層に関する科学的  2019年8月1日 世界最大級の大麻市場であるカリフォルニア州ロサンゼルス市で大麻小売商ライセンスが、どれほど注目を集めているかを示す、分かりやすい数字が発表されました。昨年7月の時点で、大麻販売の仮ライセンスを取得している店舗は、まだ 

2018年5月28日 支援を得て、誰が大麻草を生産できるか、どのような. 条件下で、どれだけの量を誰が消費できるのかを決. 定する。一方では、嗜好用の規制制度は大麻草を植え. 付け、栽培、収穫、加工、商品化しようとする個々人. にライセンスを発行し、複数 

カナダ全土でこの新しい法律が施行されるものの、マリファナ(大麻)の生産・流通・販売に関するライセンス、使用場所、自宅での栽培に関するルールなどは、各州に委ねられてい しかしこの90%以上がブラックマーケット(闇取引)での消費と見られています。 2018年7月27日 これまで違法と認知され、バイアスに縛られてきたマリファナが法で認めら、消費されるという歴史的出来事の影には、社会に 数カ月後の2014年7月、ワシントン州がレクリエーション用の大麻販売のライセンスを供与し始めました。2014年には カリフォルニア州では大麻ラウンジや大麻バーが主要都市でオープンしています。 キャノピーの成長が欲しい 可能な限り多くのオンタリオライセンスニューファンドランド、マニトバ州、サスカチュワン州にはすでにいくつか存在しています。 その一方 オンタリオ州は許可する 大麻ラウンジ 自宅にいないときに人々が消費できるのはどこですか?