CBD Products

疼痛管理に関するエビデンスに基づく実践記事

またジェネラリストのための内科診断リファレンス: エビデンスに基づく究極の診断学を 内科をめざす読者の方々の臨床推論の実践に役立つことがあれば喜びに堪えない. 新戦略に基づく麻酔・周術期医学 高度な専門知識と診療実践のスキルを簡潔にわかりやすく解説. 関連する診療ガイドラインの動向をふまえた内容. 新しいエビデンスを提供するとともに,先進的な取り組みを重視. 写真,イラスト, 麻酔科医のための周術期の疼痛管理 掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権は中山  研究 では、出産直後、および産後8週間までの間に疼痛に 差 はみられなかった。 臨床実践での強固なエビデンスに基づく推奨を提供するためには、更なる 研究 が必要で  2017年8月8日 1、EBN(エビデンスベースドナーシング)とは; 2、EBNの実践と大切さ; 3、的確な看護判断と適切な看護技術を提供するためには EBN(エビデンスベースドナーシング)はその名の通り「根拠に基づく看護」を指し 多くの病院では、安全管理を専門に担う部署を置き、事故やヒヤリハットから この記事が気に入ったらいいね! 運動器疼痛管理のための認知行動療法 運動器疼痛管理を促す認知行動療法の有用性に関するエビデンスは諸外国の研究報告が中心であるため、今後我が国でも研究成果の蓄積が必要であるが、痛み対処スキルトレーニングのような認知行動療法を運動療法と併用しながら膝痛高齢者に施行して 疼痛管理におけるオピオイド鎮痛薬に対する「必要に応じた」範 …

看護研究 (43巻3号) | 医書.jp

運動器疼痛管理を促す認知行動療法の有用性に関するエビデンスは諸外国の研究報告が中心であるため、今後我が国でも研究成果の蓄積が必要であるが、痛み対処スキルトレーニングのような認知行動療法を運動療法と併用しながら膝痛高齢者に施行して 疼痛管理におけるオピオイド鎮痛薬に対する「必要に応じた」範 …

慢性疼痛治療ガイドラインが発刊|医師向け医療ニュースはケア …

慢性の非がん性疼痛(Chronic non-cancer pain:CNCP) は、他の慢性疾患と頻繁に併発し、多疾患併存を引き起こします。 目的 この記事の目的は、 CNCP管理への現在のアプローチを要約し、一般的な慢性疾患の特異性と重複領域を調査する ことです。 医学書院/週刊医学界新聞(第3244号 2017年10月16日) 本連載では,より良い治療を提供するために“高齢者診療のエビデンス”を検証し,各疾患へのアプローチを紹介します(老年医学のエキスパートたちによる,リレー連載の形でお届けします)。 [第19回]認知症高齢者の疼痛管理 NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)ばかり頻回に使ってもいい … nsaidsとは非ステロイド性抗炎症薬のことで、鎮痛、解熱、抗炎症作用を併せもつ薬剤の総称です。過剰使用となるような場合には特にこれらの副作用に注意し、予防的あるいは発症後すみやかに対策を講じる必要があります。今回はnsaidsの主な副作用と留意点について詳しく解説します。 掛田崇寛とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

European Society for Medical Oncology(ESMO)Guidelines working group が作成したがん疼痛に関するガイドラインである。2011 年版以降エビデンスレベルと推奨レベルが併記され,2012 年版では放射線治療や神経ブロックについて詳細に触れられている。

慢性腰痛に対する指圧の有効性がランダム化比較試験で示された。聖路加国際病院内科の小林大輝氏らのグループが報告した。研究の詳細は「Complementary Therapies in Medicine」8月号に掲載された。 指圧は1920年代に日本で開発され、現在は欧米でも補完代替医療の一つとして普及している。しかし 2016年5月のブログ記事一覧-東埼玉病院 総合診療科ブログ 2016年5月のブログ記事一覧です。勉強会やカンファレンスでの話題、臨床以外での活動(学会活動・在宅医療のモデル事業のことなど)などについて書いていきます!【東埼玉病院 総合診療科ブログ】